グリーフケア(悲嘆の援助)

大切な人を身近に亡くした人、病の苦難に生きる人、困難に遭遇し生きる希望を失いかけた人……等々、人生の悲嘆にあえぎ、苦しむ人々が、現代社会には絶えないといえましょう。
私どもの会はそのようなグリーフ(悲嘆)に苦しむ人々の心のケア(援助)をすることを目指しております。

自殺(自死)遺族の急増とグリーフケア

近年、自ら命を断つ人々が急増しております。その数は毎年3万人を超えています。そして、その背後にはその何倍もの遺族の方々が遺され、悲嘆に苦しんでいる現状があります。
そうした方々の多くは、いまなお残る社会的な偏見や、周囲の無理解に固く口を閉ざし、ひとり悶々と暮らさざるをえない状況にあるといえましょう。
本会では、昨今このような社会状況に合わせ、自死遺族の方々やその関係者のグリーフケアにとくに力を注ぎ始めております。

自死遺族&関係者対象「分かち合いの階」

大切な人を自死で亡くされた遺族・関係者らによる自助グループです。同じ体験者通しで悲嘆を分かち合う会です。
自死は一般社会では容易に理解してもらえません。むしろ差別感を味わうことのほうが多いといえましょう。
ひとりで苦しみ続けることなく、安心して、自らの体験を本音で語り合い、分かち合えるグループです。守秘義務を第一条件とし、匿名での参加も了承されています。

電話相談

現在、本会では自死の遺族・関係者を対象にした電話相談活動の実施に向けて、準備を進めております。直接話し合うことの困難な方にとっては、電話による悲嘆の分かち合いが大切なひとつの支えになると思われます。
本会では、正規の訓練を経た相談員が電話相談にあたっています。また、電話相談を希望される方々のための研修も実施しております。研修内容や日程等については、事務局にお問合せください。

グリーフケアサポートプラザ事務局
Tel:03-5775-3876 Fax:03-5775-3871

講演会などの開催

グリーフケアに関する各種の講演会や研修を実施しております。とくに最近では、自死遺族や関係者、また自死に関心を持たれる方々を対象にした講演会活動にも力を注いでおります。
このような活動を通じて、自死についての偏見が是正され、かつ自死の間接的な防止につながっていくことを願っております。
また、グリーフケアに携わっていくボランティアスタッフの質の向上をめざし、専門スタッフのための研修活動も計画しております。